忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間はめちゃくちゃひっ迫してますが、ヒマを見つけてはゲームやったり本読んだりしてます。
今日は本の紹介。

パラレルな世紀への跳躍
(太田光、集英社、2007年3月25日第1刷、522円+税)

Amazonのリンク
爆笑問題の太田光が著したエッセイ集、時々短編小説。
独自の視点と切り口で世界を見通す、独創にて鋭角な太田ワールド。

ああ見えて太田光、存外に文章書くのうまいんですよね。
読者を惹きつけるコツみたいなのを、理解しているような印象です。
堅苦しい言葉も使わず読みやすいので、文章だけ見れば読書初心者にオススメかも。
……内容まで見ると、鋭角すぎてオススメしづらいですけど。

エッセイの内容は政治や世界情勢などの時事ネタ、インターネットや流行語などの流行りモノ、子供のころの思い出や、漫才作りの話などなど。
マジメな話をしてると思ったら、唐突にワケの分からん話や作り話が来たりして、なかなかにつかみどころがありません。
この独特の世界観が、太田光の魅力ですけども。

たまに挿入される短編小説は、細やかな描写が雰囲気をかもし出しています。
基本的に雰囲気を作ることを目的とした小説なのか、内容はないといってもいいくらいのものなんですが、もしこれに明確なテーマと物語が付与されたりしたら、かなり化けるんじゃないかってレベルです。
あなどれんぜ太田光。

太田光のキャラが好きな人なら、ぜひとも一度読んでみては。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
夏休みが終わります。
後期は実務実習に向けての事前実習やCBTというプレ国家試験みたいな試験があったりで、どんなことになるかまったくの謎です。
それとは別に、今日はブックレビュー。

詩羽のいる街
(山本弘、角川書店、平成20年9月30日初版、1800円+税)

タイトルにある詩羽(しいは)という女性が、この物語の中心人物。
彼女はお金を一銭も持たず、居住地もない。
そんな彼女がなりわいとしているのが、「人に親切にすること」。
詩羽は人に親切をし、人と人とのつながりを形成し、彼女にかかわるすべての人を幸福にさせ、そのお礼によって衣食住をまかなっている。
「存在自体が奇跡の人」詩羽がつむぐ、ご町内感動系物語。

なかなかに興味深くて独特の内容でした。
オビで乙一氏が推薦してるんですが、そのコメントの中に「『おもいでエマノン』をおもいだした」とのこと。
エマノンは前にマンガの方を読んだんですが、なるほど言われてみれば。
とはいえ乙一氏が指してるのは小説版の原作のはずなんで、そっちも読んどきたいですね。

話がそれたので、内容について。
詩羽のやってることはなかなかに突飛ですが、基本的には日常の物語で、やろうと思えば実践できなくもない内容です。
一人称視点のつむぎ方がとりわけ第一話ですばらしく、マンガ家志望(というか担当ついてる)の語り部が見聞きする内容の合間合間に「これをどうマンガに活かすか」って思考が入ってくるのが実にいいですね。
一人称視点の利点は状況描写をしながら語り部のキャラを掘り下げられることだと思うんで、これはうまい具合に機能してます。

ただ読みにくい点も挙げとくと、作者の意見・思想が強く出すぎているところ。
劇中で物語の中に作者の意見が見えることについての是非が議論されてるので自覚の上だと思いますが、この人にとっての正義とか世の中の不満とかがわりかし前面に押し出されてます。
この辺が共感できないと読むのはつらいし、そうでなくても作者の思想が見える時点で嫌悪感を示す読者も多かろうと思います。
私も自分の作品には私自身があまり見えないようにしているため、この部分はどうにも好きになれないんですが。
この辺は人それぞれでしょうから、気にならない人だけ読めばいいのかも。
あと文字が22行/ページ×45字/行とかなりぎゅうぎゅうしてるので、慣れないとけっこう読みにくいかも。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

同じ市立の図書館でも、施設によって規模とか蔵書の傾向とか違いますよね。
いつも行かない大学近くの図書館に行ったら、ライトノベルのコーナーが充実しててワクワクしました。
なんだかんだでラノベはあんまり読んでなかったので、これからどっぷりラノベに浸かれそうです。
今日はそんなラノベのレビュー。

Missing 神隠しの物語
(甲田学人、電撃文庫、2001年7月25日初版・2002年8月25日9版、570円+税)

↓オビより抜粋↓
異界の物語は感染する。
感染した者の次なる運命は――喪失(ミッシング)
鬼才が贈る現代ファンタジー、誕生!

↑抜粋ここまで↑

舞台は高校周辺、主要人物は「魔王」と呼称される特異な雰囲気を持った高校生・空目恭一(うつめきょういち)を中心とした高校生たち。
神隠しに対して異常な執着を持つ空目、そんな彼が「拾った」少女、あやめの正体は――

ホラーチックで幻想的、民間伝承のような雰囲気の小説でした。
描写、とりわけ心理描写がすばらしく、ともすれば「厨二病」と揶揄されるようなキャラクターが抱える心の闇や、天真爛漫な普通の女子高生のみずみずしさがきれいに表現されていました。
心理描写にウェイトを割くとその分本筋が薄くなりますが、これはこの本の何をメインととるかで変わってきますね。
とかくストーリーをメインとすればその内容は薄いですが、心理描写、作品全体の雰囲気をメインとすればその厚さ・濃さは相当のものです。
イラストとあいまってCLAMPのような雰囲気があるので、CLAMP好きな人にオススメかも。
あと坂口安吾『桜の森の満開の下』も。

今後もちょいちょいラノベをレビューしたいなと思いつつ。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

以前レビューした夢枕獏氏の「キマイラ」シリーズ、ちょっとずつ読み進めてます。
今シーズンは4冊目の涅槃変・鳳凰変を読みました。
キャラがガンガン増え、それらがさまざまな場面で出会い、いろんな対戦カードが組まれるのが楽しいです。
倒された敵がそれで終わりじゃなく、それぞれに鍛えたり出会ったりして敵vs敵のバトルが始まるのって、ものすごいワクワクしますよね。
敵同士だとどっちが勝つか分からないってのもありますし、こいつとこいつならどっちが強いんだろう!? とか、こいつがこんなに強かったら味方キャラヤバいじゃん!? みたいな。
主人公がしっかり主人公してるのもいいですが、キャラがみんな魅力的で等しく活躍機会とバックヤードを持っている物語もまた面白いわけです。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

西尾維新に手を出しました。
ちょくちょく名前を見かけるし読んどいて損はないだろうという考えですが、初めて読んだのが名前に聞き覚えのある「クビキリサイクル」や「化物語」でなくてきみとぼくが壊した世界というのは、ファンから見てあってるのだろうか。
調べてみたら「世界シリーズ第三弾」だそうで。第三弾て。

感想。
普通におもしろかったです。
ネットの情報でグロ表現やどぎつい表現を覚悟してたんですが、文章自体は思った以上にスタンダードな文体でした。
勢いがあってキャラの個性が強烈、ズバズバ読める小説。
シモネタがあるので万人に薦められませんが、そういうのに耐性があるならとってもおもしろい小説だと思います。
この勢いのよさは、見習いたいなあ。

案外私にフィットしそうな感じなので、もう何冊か西尾維新を読んでみようと思ったり。
今回の作品はほかのと比べてわりと異色っぽいので、西尾維新のスタンダードを味わっておきたいですね。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

フリーエリア

カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]