忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ぞくぞくヒーローズ」ってゲーム、ご存知でしょうか。
キャラデザを「学級王ヤマザキ」「コロッケ!」などで知られる樫本学ヴが担当しており、フルチェンジャーという専用の道具で変身コマンドを入力して戦うゲームボーイカラー専用RPGゲームですけども。
それが自室から掘り出されて、久々にプレイしております。

一般的には、俗に言うクソゲーの扱いを受けるゲームではないかと思います。
操作性はあまりいい方ではなく、戦闘のたびにフルチェンジャーを振って変身ポーズを決めなきゃいけないので、とても大の大人が遊べるものではないもの。
しかし独特のキャラデザインと魅力的なキャラクター、そして変身ヒーローという少年の心をくすぐる設定は合う人の心をビンビンと熱くさせてくれます。
変身できるヒーローは全70種と多く、すべてを集めるのは大変ですが、それぞれが個性的でクセのあるヒーローになっています。

当時はすべてのヒーローをそろえられなかったこのゲーム、今回のプレイでコンプリートを目指します。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
遅ればせながら、4月1日公開のSilverSecond新作ゲーム「シルフドラグーンゼロ」をプレイしました。

……これ、すっげえおもしろい!

いやここのゲームがつまらないワケはないんですけど、めっちゃくちゃおもしろいです。
激ハマりしました。

ゲームジャンルはシューティング。
特殊な操作方法を採用しており、十字キーで自機の移動を、マウス操作で照準・武器発射を行います。
その特殊さ加減に最初は「げえっ」と思うかもしれませんが、これがやってみるとなんとも気持ちいい!
最初こそ戸惑うものの、そこはモノリスフィアで特殊操作ゲームの作り方を熟知したSmorkingWOLF氏のこと、序盤は易しく慣れたころに真の牙をむくその絶妙の難易度調整はあっぱれのひと言です。

またSilverSecondゲーム共通の魅力として、キャラが個性派ぞろいです。
総数は顔の出ない主人公も含めて3人と少なく、会話量も限られてはいますが、みんないいキャラしてます。
特にオペレーターのヘレンさん好きだーー!!結婚してくれーー!!

現在ノーマルモードをクリアし、次はハードコアモードかなというところ。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

大学の新年度の説明会に行ってきました。
4年次の講義内容が過密すぎて今から音を上げそうです。
他の4年制学部ならば就活の真っ最中でそちらも大変なんでしょうけど、うーむサイトの更新ペースを維持できるか心配だ。

今日は手軽に遊べるフラッシュゲームを1本ご紹介。

パーティクル崩し(直接プレイページに飛びます)

いわゆるブロック崩しですが、特徴的な点は次の2点。
1.ブロックのサイズは1ドット。
2.崩したブロックはすべて新しい弾となる。
このふたつの特徴が、このゲームをとてつもなく爽快なものにしてくれます。
最初はチマチマとしか削れなくてイライラするかもしれませんが、しばらく耐えて弾の数を増やしていくと……待っているのは、美しき新世界。
ロケット花火の美しさと、線香花火のはかなさを併せ持った作品です。
ちなみにめんどくさい人のために、全自動版もあったり。

全自動パーティクル崩し(同上)

序盤は楽ですが、後半画面がえらいことになるので、自力でがんばるのがいいと思います。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

このごろ外食で大盛りを食べると苦しくなる、キッカーです。
運動不足なのか成長期が過ぎたのか、はたまた老化か。

アビスセレナーデ」というゲームを始めました。
キャラデザインを地の下に輝くヒカリのRENさんがしているゲームです。
戦闘システムが独特で、最大9人のパーティから毎ターン3人ずつが戦闘に出て、技を出していきます。
通常攻撃以外のスキルがすべて使い捨てで、ミッションが終わるまで回復しないというのがクセのあるところ。
さらに敵は1ターンに複数回行動し、味方はゲージがたまるとターン終了時に自動で必殺技を繰り出したりします。
そのため1ターンが長く、にもかかわらずコマンド選択はターン開始時にまとめてやるタイプというのが憎い。
戦術をどう組み立てるかが腕の見せ所となる、戦略シミュレーションみたいなRPGです。
しばらくは、これに没頭するつもり。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

いとこのプレステ2を借りて「デビルメイクライ3」をやりました。
自分のゲームは任天堂ハードばっかりなので、一世代前の2のグラフィックでも8等身イケメンがワンワン暴れ回るのを見ると感動がありますね。
主人公のダンテがイケメン陽気でいいキャラですし、スタイリッシュアクションと銘打たれたアクションはガチャガチャボタンを押してるだけでもかっこよく画面を駆け回っていきます。
敵が出たときだけアップテンポな曲が流れるのも、細かいところながら気持ちいい演出です。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

フリーエリア

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]