忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週日曜日にやってきたTRPGのレポートまとめるよー。
今回は大人気システムのダブルクロス3rdでした。
特殊なウイルスに感染して超能力者になったキャラたちが戦う現代能力バトルの世界観で、自分好みの様々な厨二キャラを作ることができます。
その分慣れてないと作成しにくいので、私はサンプルキャラクターを拝借して設定だけ固める形にしました。
で、完成したのがこのキャラ↓

sennichiro.jpg

名前 台華属千一郎(だいかぞくせんいちろう)

15歳♂ 183cm126kg
ワークス:高校生/カヴァー:高校生
ピュアブリード・キュマイラ

普通の高校生。
名前の通り大家族で、1000人の兄や姉がいる。
幼少時の記憶がなく、欠けた記憶の中に謎の人物の姿がちらついている。
1000人の兄弟たちは虚弱体質なのに対し、千一郎だけは超絶強いためついたあだ名が「最強の末っ子」。
……しかし物語冒頭で敵キャラにいきなり胸をつらぬかれ、一撃で死ぬことに。(正規シナリオ)
もちろんそのあと生き返って超能力者に覚醒するんですが。要は覚醒・巻き込まれ型主人公枠。


うむ、あいかわらずインパクト重視のキャラだ。
戦闘能力は肉体を獣化させるキュマイラの能力を用い、レベルを上げて物理で殴る分かりやすい白兵キャラ。
ロールプレイはその濃いキャラ設定を活かし、高校内に兄弟が200人くらいいたり筋力でドアノブをねじ切ったりサイズの合わない服を着てバリバリに破いたりやりたい放題でした。

……が、今回周りがマジメなキャラばかりだったので、非常に扱いに困る状態に。
全体の様子を見ながら問題ない部分だけはっちゃけて、他のキャラがメインのシーンでは出しゃばらないよう自重して、頑張ってバランスをとりました。
他の方たちもキャラ設定を聞いたとき、「このセッションちゃんと回るのかな……」と不安になったそうで。
今までのセッションではこういうキャラを作っても浮かない、むしろマジメキャラが潰されるギャグキャラ祭りが多かったので、そのノリでいつもやってちゃダメですね。
初めての場所で遊ぶ時は、ギャグキャラでも大丈夫か確認するようにしよう。

ともあれ内容としては存分に楽しめました。
キャラ設定はぶっ飛んでるものの、デザイン的にはジョジョだったので主人公っぽい立ち回りは自然とできましたし、戦闘でもその腕力を十二分に振るえました。
あと敵キャラの1人が妙にいい動きを(ダイス的に)してくれて、名無しのザコキャラだったのが名前をもらえて、エンディングでは仲間キャラ入りを果たした上に千一郎の失われた記憶にも関わりを持つ超重要キャラにまで昇格するという異例の事態になりました。
いやーあのキャラはいじりがいがあったなー。

今度はマジメキャラを作って、真剣にシリアスなセッションをやりたいなーと思いつつ。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
まず拍手返信:私は逆にやり込みを途中で飽きてラスボスとっとと倒しました。吟遊詩人のユキちゃんが好きです。

TRPGやってきましたー!
しかも今日はGMですよGM、げーむますたーですよ。
今までプレイヤーとして名前オチキャラばっかやってたワタクシですが、今回はシナリオを自作してデータ管理なぞやってたわけです。
あ、システムはパラサイトブラッドです。

いやー覚悟はしてたけど大変でした。
想定してなかった内容について調べたいと言われたり、戦闘処理は敵キャラ全員の動きや行動値を管理しなくちゃいけなくてデータが大量だったり、用意していたコピー類が多すぎてさっと必要なのが出てこなかったり、ぐだぐだ寸前でしたよ。
まあPLの方々がばんばん盛り上げてくださるので、なんとか形にはなったかなって感じです。
疲れたけど、おもしろかったー。

セッション終了後はシナリオやマスタリングのダメ出しをいただき、ブラッシュアップ。
意見をばんばん言っていただけるのはありがたいです。
実際問題として、本当にダメな内容だったらダメ出しすらする気が失せるものなので、ダメ出しをいただけるのはそれなりの内容だったと言えるのかと思います。
反省を活かして、次のGMもがんばるぞー。
でもやっぱPLがやりたい!

以下、反省点を羅列。

・敵キャラ(特にボス)がやわらかすぎる
→パラブラは割と攻撃力がインフレしやすいので、HPに補正をかけるべき。
HPや技をカッチリ固定せずおおまかに決めておいて、展開を見ながらギリギリ耐えさせたり隠し能力を発動させたりするとおもしろい。

・活躍できたキャラとあまり活躍しなかったキャラが出た
→上と同様、調整がいりそう。
行動阻害系の技をすでに活躍してるキャラに当てたり、敵の弱点を変えたりするとバランスよく戦えるかも。

・敵キャラの印象が弱い
→意見最多。
本筋ありきで、バトルを入れたかったために入れた敵キャラだったので、そういう作り込みの甘さが如実に出た。
中途半端な敵キャラにリソースを割いた分、演出したかった本筋まで薄くなる最悪の部類。
もっとストーリーに絡めるか、外道さを強調してこいつは倒さなきゃなと納得させる必要がある。

・情報を出すだけのモブNPCに名前をつけたせいで、重要キャラと勘違いしてしまった
→反省。確かに絡み方もヒロインっぽい立ち位置だったので。
ヒロインに昇格させてしっかり絡めるか、モブらしく名無しで無難な立ち居振る舞いをさせるかすべきだった。

・いいヤツがけっこうひどいことしてて、悪いヤツがあんまり悪いことしてない
→作りが甘かった。
悪いヤツは本気で倒したくなるほど悪く、いいヤツはもっとPLが同情できるようなキャラにすべきだった。

・PLの意見が対立してパーティー内で争うような形になってしまった(自己反省)
→生きてるのつらいから殺してくれ的な、正解のない二者択一は地雷原と痛感。
そういうテーマは物語としておもしろいが、複数人で遊ぶゲームではよろしくない。
今回はちゃんとまとまったからよかったものの、ヘタしたらパーティーが空中分解だもんなあ……
楽しむために遊ぶゲームなんだし、PLたちの心がひとつになれるようなお話がいいですね。

おおまかにそんな感じ。
基本的に、ストーリーありきでつくったのがまずった気がします。
もともと小説でも私が得意なのはキャラクターありきのお話なので、主要キャラをとにかく際立たせてそのキャラとの絡みという形でストーリー展開の方がいいのかも。
ネタとしても昭和ライダーのようなちょっとおバカな敵キャラのお話を作りたいとも思ってるので、次はそういう方向性でいきたいです。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

またまたTRPGをやってきました。
今回プレイしたのはトーキョーN◎VAというゲームで、判定にダイスを使わずトランプを使うという一風変わったゲームでした。
手札からカードを選んで行為判定をする分、成功失敗をある程度自分でコントロールできるという判定方法はなかなかに戸惑うところでしたが、ルーラーさんや他のプレイヤーさんにも助けられてがんばって完遂しました。
そんな私のプレイキャラはこんな感じ↓

mari.jpg

名前 マリファナ=ハシシ(愛称:マリ)

8歳♂ ニューロ/◎マネキン/●カブキ

ストリートのダンボールハウスで暮らしていた孤児。
持ち前のハッカーセンスと芸術センスを活かして、絵を描いたり電子ドラッグを作ったりして日銭を稼いでいた。
良くも悪くも純粋であり、初対面の人にもすぐになついて信用し、また無垢な笑顔で電子ドラッグを売りつける。
ネコ型のペットロイドを連れ歩いており、LSDと名づけている。


名前で出オチです。
無垢な笑顔で「ボクの名前はマリファナ=ハシシです!」と名乗るたびにNPC(ルーラーさん)が頭を抱え、プレイヤーさんたちが笑ってしまうトンデモナイキャラでした。
うむ、名前オチってすばらしい。
当面はこういうアレな名前を多用しそうです。

しかしこのキャラは他の方々の助けがなければ出オチで終わっていた!
絵描き設定を他の方々がうまく拾ってくださって、精神をいじくられた子供たちに対して彼らが元いた孤児院の人たちの似顔絵を描いてみせたり、エンディングでお偉いさんたちがいる地域の壁に落書きしてその絵がお偉いさんの目に留まって才能を見出されたり、本当いい感じに活かしていただけました。
キャラをどのように立てるか、とても参考になってよかったです。
みなさんのキャラも、ふとっちょ警官のきぐるみをかぶった忍者だとか、切れない剣を振り回すハーフの企業戦士エセサムライとか、少女のように夢を追う女探偵(24歳)とか、個性豊かで楽しかったです。
シナリオもよかったー。

そろそろGMにも挑戦したいころ。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

またしてもTRPGやってきました。今回はカオスフレアSC
このゲームはカオスという名前に偽りなしの、ドラゴンやらロボットやらサムライやら魔法少女やらが共闘するというクロスオーバー的要素が強いゲームです。
さらに恥ずかしいセリフや厨二なセリフを吐くとボーナスがもらえるというシステムのため(正確にはキャラ設定などをよく活かしたロールプレイング)、プレイヤーの方々はこぞって痛いセリフを吐きまくります。
キャラ設定も既存作品のオマージュが多く、今回用意されたキャラテンプレートは

①左腕にサイコなガンを装着した、一匹狼の宇宙海賊
②世界を守るため少女をスカウトして魔法少女に変える小動物、セリフ例に「わけがわからないよ」
③荒廃した世界を生きる、セリフ例ヒャッハーなモヒカン頭
④天使と人間のハーフな魔法少女、赤髪をしばって口にポッキーをくわえている

というメンツが共闘です。わけがわからないよ
ちなみに補助能力使いですが②も戦闘要員です。わけがわからないよ
参考画像はこちらをどうぞ
ともあれ各プレイヤーはテンプレを選択、私は②を選択してキャラメイキングをしました。
それがこちら↓

tetrodotoxin.jpg

名前 テトロドトキシン(愛称:テト)

63歳♂ 星詠み・グレス・マシンライフ

とらふぐの背中に4枚の羽が生えた容貌をした、魔法少女をスカウトする小動物(魚類)。
腹にはかぶる用のへこみがあり、彼をかぶることで契約したりパワーアップ能力の恩恵を得たりできる。

三全世界の平和という使命を絶対の行動理念としており、すべての思考と行動の判断基準は(人の生き死にですら)三全世界の平和につながるか、それに順ずる魔法少女の育成につながるかという点のみである。
しかしこれに並行してさ○なクンさんの後継者育成にも手を出している。
まな板=さばかれるという連想から、胸の幸薄い女性に対して根源的恐怖をいだいている。

本来彼は力を与えるだけの存在であるが、ある日カオスフレアとしての力に目覚め、さらに魔法少女の種とさ○なクンさん後継者候補を育成していた街がダスクフレアによって滅ぼされてしまったため、みずから戦いの世界におもむく。


なんだこのキャラ


完全にわけわかめですが、こんなキャラになったのにはいきさつがありまして。

とりあえず名前を決めるか→オマージュ元では魔法少女化=ゾンビ化→たしかゾンビパウダーにはフグ毒を使うんだよな→よし名前はテトロドトキシン、愛称テトで→名前がフグなら外見もフグでよくね?→地上を移動できるように羽つけて→ん、これかぶれるようにしたらどうだろう→テト完成

うん、どうしてこうなった

キャラとしては、なかなかいい動きをしてくれました。
味方の攻撃力強化に行動成功率アップに回復に蘇生に果ては行動済みキャラを再行動させるという補助能力オンパレードを駆使して、自分は一切戦わず味方の頭にとりついてはエネルギーを注入し馬車馬のように働かせるというまさに外道QBな立ち回りを見せました。
これに上記の痛いセリフボーナスが加わり、「テトロドトキシンが命じる! ○○はボクの強化を受けて馬車馬のように働くんだ!」とどこかのギ○ス能力者みたいなセリフを吐き出す始末。
ラスボス対峙時のロールプレイでは「ボクには君と戦う力はない。でもボクには仲間がいる。馬車馬のように働く仲間がいる限り、ボクは負けない!」とのたまい、馬車馬さえ言わなきゃカッコイイのにとツッコまれましたが、馬車馬の言い回しが気に入ったんです。
いやー、おもしろいロールプレイだった。

数回のロールプレイの経験上、私にはこういう横からかき回す系のキャラが向いている感じです。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

今日やったTRPGの概要(ゲームはT&T第7版)

・開幕前哨戦でノラ犬4匹と戦闘
→魔法使いの魔法で強化された戦士によりわずか1ターンでミンチにされる
・ノラ犬の死骸をおもむろにデコレーションしてアクセサリーに変えるレプラコーン(キッカーです)
・その後犬の死骸を植木鉢の中に植えるレプラコーン
・装備を整えた冒険者たち、魔法使いの強化魔法もあいまってダンジョンのラスボスも1ターンキル
・ボスを殺しても飽き足らず、本来デストラップとして設定された巨大モンスターに挑む
→1ターンキル
・その際魔法使いの強化によって、戦士たちはダイスを一度に40個以上も転がすことを強いられる
・巨大モンスター、200ダメージ以上ものオーバーキルを食らいながらなけなしの6点ダメージを通してくる
→レプラコーン、植木鉢に植えたお犬様をアンデッド蘇生して受け止めさせる

全体的に「これはひどい」という内容でした。爆笑でしたけど。
一体いつになったらひどくないプレイをできるんでしょうね。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

フリーエリア

カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]