忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達と「お好み焼き 道とん堀」というお好み焼き屋さんに行ってきました。
食べ放題でばくばく食ってきましたよ。
いやーお好み焼きおいしいですねー満足です。
肉入りだったり魚介だったりチーズ入りだったり、焼きそばやもんじゃも出てきて。
満腹満腹です。

……というだけで終わったらわざわざブログに書くまい。
そこで出会ったとあるメニュー。

130215a.jpeg

「パフェもんじゃ」と、

130215b.jpeg

「お好みケーキ  カフェオレミルク」

……なぜ作った。

正直ゲテモノ臭がはんぱなかったのですが、怖いもの見たさの欲求に負けて注文。
しかしひとつでいいって思ってたのに、友達、なんで2つとも頼みやがりますか!

ともかく実食。
それぞれもんじゃとお好み焼きの要領で、鉄板の上で熱します。
生クリームのようなナニモノかが鉄板の上に注がれ、にわかにぐらぐらぼこぼこと泡立つパフェもんじゃ。
立ちのぼる甘い香りと混濁するナニモノかの様子は、心の底から激しい後悔を呼び起こします。
そう思いつつも、加熱されたもんじゃという名のナニモノかはでろりと固まり……ゼラチン状に凝固した物体が浮き出てきて。
普通のもんじゃみたいにちっちゃいヘラですくい……ぱくっ。

…………

うーまーいーぞー!?

マジでうまかったです。
やわらかとろっとスイートで、ゼラチンのようななんかよく分からないぬくくて甘い物体なんですが、なんだか今まで食べたことのない味でした。
美味だぞーなんかよくわからないけど美味だぞー、例えるなら「喫茶マウンテン」だぞー。
お好みケーキもホットケーキみたいな感じで、おいしかったです。
これはもう世紀の発明ですよ!ぜひとも食べるべきです! ※個人の感想です。キッカーはマジでうまいと思いましたけど。

薬剤師国家試験まであと少し。
たぶん受かる。今のペースなら大丈夫。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[1回]

PR
今日は小説の紹介ー。
私の大好きな和風ファンタジーものでござい。

伏 贋作・里見八犬伝
(桜庭一樹、文藝春秋、2012年9月25日第2刷、667円+税)

時は江戸時代。
伏と呼ばれる若者による凶悪事件が頻発し、その首に幕府は懸賞金をかけた。
伏とは──人にして犬、体も心も獣のよう。ひどく残酷な面があり人々から恐れられる一方で、犬の血なのか驚くほど人懐っこいところもあるという。
ちっちゃな女の子だが腕利きの猟師、浜路は浪人の兄に誘われ、伏を狩りに山から江戸へやってきた。獣の臭いに敏感な浜路はすぐさま伏に気づき追いつめる。
そんな浜路のまわりをうろつく瓦版の読売、冥土から、浜路は伏にまつわる世にも不思議な物語を聞く。そして冥土に誘われた場所で、一匹の伏をみつけた浜路。追いかけるうちに、伏とともに江戸の秘密の地下道へと落っこちる。真っ暗闇の中で、狩るものと狩られるものによる特別なひとときがおとずれた――。

(上記サイトのあらすじより)

タイトルから分かる通り、滝沢馬琴の南総里見八犬伝をベースにしたお話です。
江戸の町に潜む人と犬の混血である伏と、それを狩る猟師の娘・浜路との邂逅。
そして伏出生の秘密を記した小説「贋作・里見八犬伝」が作中作として語られ、物語は厚みを帯びていきます。
紡がれる世界は美しく、幻想的でした。
文章そのものに重厚感はないものの、逆にいえば読みやすい文体で深い世界を味わうことができます。
アニメチックな雰囲気は、実際にアニメ映画にもなっています。

和風ファンタジー好きとして推したい一作。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

ぜーんぜんブログを更新してなかったので近況報告をば。
大学は現在、卒業試験を迎えております。
このアホ難しいテストを越えて、3月には薬剤師国家試験を迎えて。
それらを無事にパスすれば、ねんがんの やくざいしめんきょを てにいれたぞ
(殺しても奪い取らないでください)

そんなこんなで、勉強しなきゃいけない時期です。
でもTRPGにハマっちゃって、なかなか進まないです。
成績はなんとか食らいついてるんですけどね。
うっかり落ちるようなことがあっちゃいかん、無職になったら肩身の狭い思いでTRPGやらなきゃいかんので!(

ともかくまあ、元気にやっております。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

ハレミリオン第10ハーレム終了ー。
いやはやのんびり細長ーく続いております。
内容は全然細くなくガッツリぶっといギャグですがね。
このキャラたちはホント見てて楽しい。

ブログ見てて分かる通り、熱意がだいぶTRPGに持ってかれてますが、小説執筆も続けております。
美智姫奇譚もちゃんと完結させにゃあなー。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

TRPGコンベンションに参加してきました!
今回やったのはアリアンロッドRPG 2E
剣と魔法の王道ファンタジーで、ルールも分かりやすく初心者に優しいシステムです。
パラブラともうひとつメインに遊ぶシステムが欲しいと思っていて、このゲームはちょうどいいと思って参加。

そして、キャラクター作成の時点で事件が。
TRPGをやるにあたって毎度頭を抱えるのが、PCなどの名前を考える場面。
ゲームによってはそれらを補助するために、サイコロを振って決められる名前表みたいなものがあったりするんですが。
さるゲームの表に、ふたつ名「深紅の~」「漆黒の~」などの命名ヒントがある中に「茄子色の~」というワードがあるんです。
うっかりダイス振ってそれを引き当てたら、そのあとに「騎士」だの「獅子」だの「ペガサス」だのとどんなかっこいいワードを引き当ててもギャグにしかならないという地雷ヒントなんですが。
その話題でちょっと盛り上がったわけですね。
そうしたら、なんか茄子をやたら推す状況になっちゃって、みなさん何かしら茄子に関連した何かが付随するようになっちゃって。
ついたギルド名はドイツ語で「オベルジーナ・シュトゥルムアングリック」、一見かっこよさげですが日本語に訳すと「茄子色の突撃」。
なんだよそれ!(笑)

そんなこんなで、作ったキャラクターは以下の通り。

aoi.jpg

名前 アオイ=トクガーワ

18歳♀ ウォーリア/サムライ/ドゥアン

大柄で角の生えた種族であるドゥアンの娘。身長185cm。
英雄イエヤース=トクガーワの娘として生まれ、その父からサムライとしての技術を鍛えられる。
しかしある日、家に代々伝わる伝説の茄子の苗を何者かに盗まれ、その犯人を追うべくアオイは冒険者となった。

キャラクターは名家生まれらしく威風堂々、朗々快活。
どんなときでも自信満々で、自分にできないことなどないと自負し、人の手柄も自分の手柄のようにえばっちゃう子。
羞恥心というものがないのか、平気で胸をぼろんとこぼしてたり、ミニスカ和服で跳び回ったりする。
力加減を知らず、眠っている人間を起こそうとして逆に気絶させたり、吐きそうになってる人の背中を叩いてとどめを刺したりした。

戦闘スタイルは恵まれた体格により得られたタフネスとサムライの受け流し技術を活かし、味方のカバーリングを行う。
チームの生存能力を上げる盾役として、敵の前に立ちふさがる。


いやー、すごいキャラでした。
他の方が(ダイスで決めた結果)男性キャラばかりだったので、紅一点としてがんばってお色気を出しました。
結果的にものすごくキャラの立った子になり、周りの方々もうまく活かしてくださったので、すごく面白く立ち回れました。
ちょっと自分ばかり目立っててやりすぎかな?と思ったんですが、周りの方々もしっかりキャラが立ってて、誰一人欠けてもミッション成功は難しかっただろうという内容となり、大満足でした。
本当、終始暴走気味だったアオイをうまく扱っていただきました。
セッション参加者のみなさん本当ありがとうございましたです。

フェイトによるダイス数増加や振り直しがパラブラにも似ていて、とても遊びやすかったです。
2つ目のメインシステム、アリアンロッドに決定。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
フリーエリア

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]