忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前の記事で、キッカーが生化学とか遺伝子工学とかの専門用語で並々ならぬテンションアップを見せる様子を披露したわけですが。
これが単なる化学系の実験器具でも、けっこうヤバイコトになります。
というかね、実に私の心を惹きつける器具があるんですが。
どんな器具かっていうとですね。


ロータリーエバポレーター。


この形ですよ。
ナスコルがあって、そこにトラップ球がつながって、吸引装置があって、冷却装置があって。
これがぐりんぐりん回るんですよ。
化学実験とかしなかったら縁のないものでしょうから説明しますと、右端のナス型フラスコ(ナスコル)に有機溶媒を使った溶液を入れて、吸引力で中を真空状態にしながら下のお湯につけて回転させ、溶媒を揮発させて中に溶けている溶質だけを回収する装置なんです。
要するに塩水から塩を取り出すようなことを、有機溶媒相手に効率的・安全に行うというものなんですがね。

もうね、この形。
独特の美しさがあると思うんだ。
ナスコルからトラップ球までの曲線の連続がね、これはもう神の極致だと思うんだ。
なんというか、ピストルとか日本刀とかの、機能を追及したゆえの美しさ、ああいうのに通じると思うんだ。
多分極まったら私、ロータリーエバポレーターにそっと手を置いてささやきかけるように「青いベンチ」熱唱できると思うんだ。
なんかもういっそ、エロいよね。
形からしてエロいよね。
むしろ名前からしてエロいよね。
ロータリーエバポレーター。
ロー・タ・リー・エ・バ・ポ・レー・ター。
この美しくエロスあふれる実験器具、その未来に栄光あれ。

このまま書いてるとおかしなことを口走りそうなので、このあたりで切ります。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]