忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近「ウィンクキラー」というトランプゲームをやって、それが異様に盛り上がりました。
トランプゲームというより、トランプを小道具として使う心理バトルって感じですけど。
6人以上とかの多人数で盛り上がりたいときにいいです。

ググればルールは出てきますけど、いろんなマイナールールがあるみたいで私のやったのと同じルールは見当たらないです。
せっかくなので、ルールを書いておきましょうか。

●いるもの●

・トランプ(ジョーカー1枚、絵札適宜、数字札適宜で遊ぶ人数×2枚にする)
・ペットボトルやみかんなど、パッと手に取れる置き物

●遊び方●

プレイヤーは全員、互いが見えるように円座に座る。
全員に手が届くよう、置き物を中央に置く。
トランプを2枚ずつ配り、他の人に見えないように確認する。
ジョーカーを持っている人は「犯人」役、絵札を持っている人は「共犯者」役、絵札もジョーカーも持っていない人は「一般人」役となる。
自分の前に2枚のトランプを裏向きに置き、ゲーム開始。

「犯人」は、他のプレイヤーにウィンクをすることができる。
「一般人」がウィンクをされた場合、自分のトランプを1枚めくる。
「共犯者」がウィンクをされた場合、トランプをめくる必要はない。
トランプをめくらないことで、「犯人」にはその人が「共犯者」だと分かる。

プレイヤーは「告訴」を行うことができる。
告訴を行いたいプレイヤーは「告訴します」と宣言する。
その宣言を受けて、告訴に協力したい・妨害したい人間は中央の置き物を取る。
置き物を取ったプレイヤーは協力者となり、宣言者といっせーので告訴したいプレイヤーを指差す。
2人の指差したプレイヤーが一致した場合、告訴成功となり指差されたプレイヤーはトランプを1枚めくる。
指差したプレイヤーが違った場合、告訴失敗となり何もしない。
告訴の成功・失敗にかかわらず、告訴の宣言者はトランプを1枚めくる。

これらのやり取りで、自分のトランプが2枚ともめくれた人間は死亡となる。
「犯人」が死亡した場合、「一般人」側の勝ち。
「一般人」が残り1人となった場合、「犯人」「共犯者」側の勝ち。


まず犯人のウィンクで割り振りを見分け、あらかた役柄が分かったら告訴合戦となります。
一般人は互いに目配せなどでタイミングを合わせ、告訴で犯人撃破。
共犯者や犯人はそれを阻止するため、置き物を先に奪って告訴を不発に終わらせます。
告訴は共犯者や犯人もできるので、一般人を告訴して攻撃することも。
置き物の取り合いこそがこのゲームの本番といえるでしょう。

このゲーム、内容以上に盛り上がります。
ただウィンクが下手だと、周りにバレバレであっという間に特定されたり、ウィンクしてるのを気づいてもらえなかったりでぐだぐだになりますけど。
多人数で時間が余ったとき、目の大きい人間が集まったとき、合コンなどのとき、やってみる価値はあるかも。
まあ私はそれより背中尋ねを推しますけどね(←

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
フリーエリア

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]