忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマザキマザック美術館に行きました。
ものすっげえいいとこでしたよ。オススメ。

展示内容は、ロココやエコール・ド・パリを中心とした18~20世紀フランス美術。
絵画だけでなく、当時のドレスや扇、家具やガラス工芸といった展示もされていました。
私の貧弱な知識では知らない画家勢がメインでしたが、気品あふれる展示は魅力満点です。

そして展示そのものよりも目を見張るのは、内装の美しさ。
当時の貴族の建物をイメージしているんでしょうか、他の美術館とは一線を画す美しさで、この内装がひとつの作品って感じです。
椅子ひとつ取っても、いいモノ入れてますよ。
貴族的な雰囲気を味わえます。

ついでに、音声ガイドを無料で借りられるのもポイント高し。
説明だけでなく音楽までついたりして、ゴージャス感あふれています。
ただ音声ガイドを聞いてると、せっかく友達と来ててもおしゃべりができなかったりするんですけどね。

いい美術館だったので、また行きたいです。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[1回]

PR
ようやくすべての課題とテストが終わり、すがすがしい気分のキッカーです。
テストは別の意味で終わってますがね。
ともかく、これでようやく開放です。来週から実務実習ですが。

そして実務実習用の定期券を買うために、うちの近くの駅に行ったんですが。
そこで詩の個展をやってて、それがすばらしくて。
「ワンダーボーイの小さな個展 ザ・書ートストーリー」、詩の内容と書道で書かれたその造形/造詣が気に入っちゃって。
完全にひと目惚れしちゃったんで、感想箱に感想を投函しておきました。

ワンダーボーイ氏のブログにて、詩を読むことができます。
でも書道で書かれた展示作品こその味があるので、ぜひとも生で見ていただきたいですね。
地元民じゃなかったら見られるわけないですけども。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

名古屋ボストン美術館のジム・ダイン展に行ってきました。
版画を中心とした作品群で、ポスターのようなシンボリックな画風が印象的でした。
私は版画は門外漢なのですが、それでも表現技法などが興味深かったです。
上記サイトのトップページにある《湖へ》なんかは、とくに印象深かった一枚ですね。
版を重ねられるのが版画技法の魅力のひとつですが、それがなんともいえない味を出しています。

基本的に、私は自分で描きもする人間なので、表現技法が気になるわけで。
リトグラフという手法を知らなかったので、帰って調べて「へーこういうやつか」と納得したり。エッチングは知ってたんですが。
ソフトグランドだとかの単語もちんぷんかんぷんで。
調べるにつけ、版画への興味がぐんぐん沸いてきますねー。
でもさすがに版画をやろうと思うと手間がかかるので、軽い趣味ではできませんね。

鑑賞後はカフェで一服。
普段コーヒーを飲まないせいで、たまにいいやつ飲むとカフェインで頭痛くなったりしますけど。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

昨日は23歳の誕生日でした。
家族とケーキを食べたり、おぐらぱんさんにお祝いイラストを頂いたり、いやはやうれしいものです。
忙しい時期なので、なかなか友達に祝ってもらえないのが残念ですけどねー。
ていうか、事前に予告しておけばいいんですけどね。

そして今日は「カンディンスキーと青騎士展」を見に、愛知県美術館へ行ってきました。
ゴッホ展と違って有名な画家というわけではない分、割とすいててのんびりと見られました。
抽象画の部類なので私に理解できるかなーってちょっと心配でしたが、やっぱり美術館で展示されるレベルだと感じるものがあります。
私も絵師の端くれとして、構図や技法を取り入れようとじっくり解析しました。
インスピレーションは、写実的な絵よりもこういう絵の方が沸きますね。

110410a.jpg

おみやげに買ったキーホルダー。
ボールペンはサイズ比較に。
研究室のおみやげにお菓子類も買いたかったんですが、あったのは4粒で1200円のチョコレートくらいしかなくて断念しました。
20人以上いる研究室でみんなに行き渡るようにと考えたら、いくら散財しなくちゃならんのかって話です。

そして栄のオアシス21では、なんか似顔絵のイベントが開催されていました。
いろんな絵師さんがいて、人気を競い合うみたいな。
で、その絵師さんに変わった方が。

110410b.jpg

何事?

……名前は「ニガオー」だそうです。
イベントも終了間際だったし、残念ながら似顔絵を描いてもらうことはできませんでしたが。

110410c.jpg

別角度からも。
描いてる間は下向いてるので、正面をうまく撮れなくて断念。

そして鑑賞終了後は、カフェで談笑。
これもまた美術館鑑賞の楽しみ。
一緒に行った友人とコーヒーを飲みながら、感想を語ったり近況を報告したり。
今回の友人は美術にうとい人だったんで、完全に雑談だけでしたけど。
ついつい長居して、1時間以上も語り合ってました。

これから月イチペースくらいで美術館めぐりしたいなーとか思いつつ。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

名古屋市美術館のゴッホ展を見に行ってきました。
さすがゴッホ、知名度があるだけあって、人がたくさん来てましたよ。
その分、いい絵が見れましたけどね。

110320.jpg

おみやげのラスク。
ちょい割高でしたが、研究室のおみやげにちょうどよかったので。
みやげ用ゆえ、中身の写真がないのはあしからず。

ゴッホだけでなく、常設展も見れました。
有名どころではモディリアーニの「おさげ髪の少女」など、名古屋市美術館でしか見られない作品を堪能。
現代アートなんかは理解できないものもあるんですけど、雰囲気で楽しんどけばいいのかなって感じです。
というか、一般人にとって美術館に行く意義って、日常とは違う空気を味わうことなんじゃないですかね。

鑑賞後にはコーヒー飲んで談笑したり。
今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

フリーエリア

カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]