忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高校生以下の方はもう夏休みなんてとっくに終わってますが、はたして読書感想文は書いたでしょうか。
私はもっと書いとけばよかったなあと思います。
田口ランディが、こんなにおもしろいとは。

旅人の心得
(角川書店、平成15年6月5日初版、1300円+税)
カテゴリは小説レビューですけど、エッセイです。
どうも私は小説よりエッセイの方が心打たれることが多いですね。
それも田口ランディしかり星野博美しかり女性のエッセイ。
男の小説書きである私と対極にあるからでしょうか。
どうも小説は自分の書き方と比べてどうだという視点で読んでしまうので素直に楽しめないんですよね。

さて内容。
あらすじを書こうにもエッセイですからあらすじなんてありません。
沖縄やらタスマニアやらバハ・カリフォルニアやらいろんなところを旅して、そこで感じたことを書いていくような感じです。
こうやって説明するとつまらなそうですけど、めっちゃおもしろいです。
何がおもしろいって、その語り口。
「バハ・カリフォルニア便り」のアザラシうんぬんの下りなんか、もう抱腹絶倒ってな感じです。
笑えるだけじゃなく、マジメなところは深く語りますし。
エッセイの精神論ってのは、小説と違って自分より大きなエネルギーを受けて書いている分素直に受け止められるんですよね。
小説の精神論はどうしても人間の中で完結する精神論なので、なかなかスッと受け入れられるものが少ないです。
私があんまり精神論を書かないのは、そういう関係があったり。
ともかく田口ランディ、必見です。

今日はここまで、あでゅ~。

拍手[0回]

PR
<< ねこと陶芸 HOME とうひょ >>
フリーエリア

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]