忍者ブログ
キッカーの不定期更新日記 (四季来々トップへはカレンダー下のリンクから戻れます)
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少女は顔を上げた。
青年は少女を見つめて、口だけ笑っていた。
少女の表情を読んで、笑顔を崩さず青年が続けた。

「信じないかもしれないけどな。
巻き添えを食らいたくなければここにいない方がいい。
つうか、それ以前にカゼひくぜ。
悪いこと言わねえから、早くおウチに帰りな」

「うるさい」

少女の声がとがった。
青年は鼻でため息をついた。
次に口を開いた青年の顔は、もう笑っていなかった。

「油断すると痛い目見るぞ」

少女は答えずに、うつむいて黙々と探し続けた。
青年はむっとした。
そして次の瞬間には、青年の姿は川べりから消えていた。

少女は驚いて顔を上げた。
水音が少女の周りを駆けた。
少女は振り向いた。
そのときにはもう、少女の口に青年の手が当てられていた。

「油断すると痛い目見るぞ、って言ったんだ」

青年の声が冷たく響いた。
少女の顔に、恐怖の色がはっきりと浮かんだ。
青年は手を外した。
少女がよろけたときには、青年はもう川べりに上がっていた。
青年の声が、少女に降りかかった。

「忠告はした。
後はどうなっても知らねえからな」

水を吸った足音が、ゆっくりと遠ざかった。
太陽はもう、西の空に沈んでいた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 憑き彦 参 HOME 憑き彦 壱 >>
フリーエリア

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
キッカー
年齢:
32
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/04/09
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]